腸内腐敗

血液が汚れる原因として、腸内腐敗があります。
腸内で生み出された腐敗物は、腸で吸収された後、肝臓に運ばれます。
ところが毒素が多すぎて肝臓の浄化力の限界を超えると、血液中に垂れ流された状態になるのです。
昔、汲み取り屋さんのいるときには、がんの方のいる家がすぐにわかったそうです。(便臭が異常にひどかったそうです)腸内腐敗という不完全燃焼状態を引き起こす最大の食べ物は動物性たんぱく質全般です。
動物性たんぱく質は腸で分解する過程でインドールやスカトール、フェノールや硫化水素、アンモニア、アミンなどの毒性物質というススが大量発生します。このススや有毒ガスが血液を汚し、血管を詰まらせ、しまいにススの吹き溜まりであるがんに変化していくのです。
このススを取り除く食品や肝臓の浄化力を助ける食材を普段から取り入れてみてはいかがでしょうか。

夏は感染症にご注意

今年は新型コロナウイルスが流行していますが、夏場は本来感染症のシーズンです。ちなみに感染症とは私たちが生活している環境中の微生物(細菌、ウイスル、カビ)などが体内に侵入することから発生する疾病のことを指します。夏場に多い感染症はいわゆる夏風邪と言われる、ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜炎などです。ウイルスは夏場に活性化するものも多く、夏風邪を引き起こすエンテロウイルスやアデノウイルスはそれらに該当します。
夏場はエアコンによる急激な温度変化や、冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎから免疫機能が低下していることも多く、それも感染症の原因です。
感染症の対策として、大きく分けて2つあります。
まずは感染症の原因を体に入れないようにすること、もう一つは体に侵入しても発症しないようにすることです。
免疫力を上げることで体に感染症の原因となるものが侵入しても体がそれらを退治してくれます。口内炎が出来る、疲れが取れないなどは免疫力が下がっているサインかもしれません。
免疫力アップにはキノコやヨーグルトなどが良いとされています。
手軽に摂取出来るキノコ類加工食品や乳酸菌を取り入れましょう。

 

 

花粉対策

花粉症は毎年1~3ヶ月前から予防をすることで驚くほど症状を緩和することができます。今からでも遅くはありません。対策を取りましょう!

当店のクマ笹エキスには口内炎などの粘膜に起きる症状に効果があります。また、目、鼻、口などの粘膜の免疫機構は体の不調が原因で弱まってしまうのです。その原因はストレス、疲労など様々です。
お悩みの方は、一度当店にご相談ください・・・。

☆花粉対策ポイント
1.メガネで花粉カット!
⇒メガネを付けると顔に付着する花粉がなんと1/3になると言われています。

2.花粉は静電気を帯びると付着しやすくなる!
⇒静電気があると花粉症は大量に付着します!こまめな静電気除去で花粉をシャットアウトしましょう!

3.食べ物で花粉対策!
⇒花粉症は抗体の暴走です。抗体の暴走を抑えるヨーグルトやバナナ、粘膜を強める納豆やイモ類を摂取しましょう。レンコンが両方の作用を持つのでオススメです。

自然の薬草で、体のバランスを戻す治療を。

痛みの病気、皮膚、神経痛、婦人病、鼻の病気、胃腸、泌尿器、自律神経失調症、過敏症、アトピー、ニキビ吹き出物、気管支喘息、不安神経症、更年期障害――また季節の病気や難病治療の相談を受けてきました。
漢方薬は本来であれば、ご来店いただき体質・症状を詳しくお聞きして最良の漢方をお選びするのが望ましいです。
ただ、ご来店の難しい方はお電話でご相談をお受け致しております。